未詳まで

Es malt.

砕け散った、青色の

あちらからはどんな意味の断片さえ

持ち帰ることは出来ないという

呼び声に応じることはなく

そして轟音が去り、雨音が戻ってくる

言葉を使って呼吸をする

それは偶然だと

分かってくれるだろう

導かれることはない

たとえ見覚えがあるにしても、この景色

真っ逆さまだ僕らは

大きな手のひらが底にあると

子供みたいに信じている

さらにこれからも

分かたれたまま

輝き渡る球面で

少しずつ影を薄くしていく家々の

音もなく飛び立つ鳥の

青空

どんな退嬰が許されているのか

眩いばかりだ

透き通っていけたらいい

いつも地に撒かれたガラス片だった

彼らは反映となって