未詳まで

Es malt.

線描

塞ぎ込まれたものを、暴力の核心を、変質されたイメージによって晒し首にすること。

それは凡ゆる文化の形成に関わってきた技能らしい。芸術は不気味なものとして生まれる。

それは平和の役に立つ?人々が涙を流す?それとも熱狂する?

色彩とリズムは断末魔を上げて、砕け散った。

内臓の迷路へ、自らを降霊する。

北極星に向かって、ひとり地平線を渡る。

危機を乗り越えるために?世界が狂っているから?神様は人間の叫びなんて聞こうとしないから?

自分自身もまた狂った世界の一部である。それどころか、狂気そのものなのだ。

僕が知っていることの総体、それは単なる知識を超えて、あたかも僕が食物を探して彷徨った道筋の、捩くれた足跡のようであって欲しいものだ。

恐らく永遠に、渦を巻く淀みの塊だ。僕としても果てしなく、そこに何らかの形を見出し続けるだろう。

かたち、それは一つの結末なのか?それとも再び一つの暗示なのか?

いつも同じ考えに至る。僕は孤立して、惨めに死んでいくだけじゃないのか?

根こそぎにされた土地を漂う、細く白い糸がある。それはもっとも深い溝にまで届き、もっとも弱くしか感じ取れないから、もっとも強い光なのだと分かるという。