読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる事

 我々が普段使っている「信じている」という言葉は、当然疑わしいからそう言うのであって、「祈っている」という意味に近い。と言うのも我々は実際には「信じている事」を私的に選択する事は出来ないのだ。「信じている事」は意識された瞬間に消えてしまうので、語の文字通りの意味でそれを口にする事は出来ない。狂信者が決して言わないセリフがあるとしたら、「私は信じる」なのではないか。狂信者にとって自らの信念の対象はイコール信仰の対象ではない。確信を持っている人間にとってそれは単なる事実でしかないからだ。単なる事実は疑いの対象ではなく、従って信じるまでもない。健全な宗教者が「私は信じる」と言う場合、信仰する事は意識的に選択されているのであって、実際にはそれは「疑いと絶えず戦う」という様な態度表明なのではないか。だから「信じている」と「信じる」とでは、ある意味で真逆の意味を担っている。「信じている事」は我々の意識の範疇にない。意識によって捕らえられた対象に関して我々は能動的に「信じる事」が出来る様になる。同時に、能動的に信じようと試みなければならなくなる。