読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈折した少年の話

僕は何故、人と同じステージに立とうとしないのか。何故あらゆる大衆的な表現への参入に嫌悪感を覚えるのか。僕が大衆的という言葉を使う時、何故そこまで極端な厳しさを帯びるのか。それは他者と共有可能な言語を忌避して、余白に目掛けて逃げて行く致命的…

引き裂き

お前が生み出したこの膨大な言葉の連なりとお前自身との間にどういった関係があると言うのだ。考える事自体の遊戯的な楽しみ以外にどの様な絆があると言うのだ。 お前そのものだと思って必死に積み上げて来たお前の言葉、そうした言葉はかつて、確かにお前の…

依存

依存という言葉はしばしば範囲が制限されずに、他者の振る舞いに対する批判に使われる。だが依存する事が悪いという事はない。日常、依存という言葉は大方、健康に害を為すとか、単純に鬱陶しいとか、ある振る舞いに対する嫌悪感の表明といった文脈で扱われ…

ある雨の日の天啓

プロローグ その日の僕は雨の日の誰もいないビーチで膨れ上がった溺死体が引き揚げられるのを一人眺めていた。性別不明の水人間の口、かつて口であったと思われるボソボソとした穴の中から鮮やかなオレンジ色の魚、カクレクマノミが一匹這い出てきた。きっと…